為せば成る。

世のため人のために生きる。

ラーメン大至 御茶ノ水 2

オーソドックスなふりをして、そうではない味噌

1/11お昼。

仕事前にラーメンをと思い、冬季限定に惹かれて大至へ。

f:id:tachikaze168:20190111121938j:plain

f:id:tachikaze168:20190111121945j:plain

 

f:id:tachikaze168:20190111121941j:plain

辛みそもあるようですが、ここはまずは定番を。

 

本日のメニュー

味噌ラーメン:800円

シンプルに行きます。

 

オーダーしてしばし待ちます。

f:id:tachikaze168:20190111121918j:plain

卓上は酢、コショウ、一味とシンプル。

夜の部のメニューも置いてあるので、そちらも気になるなーと思っていると着丼。

 

f:id:tachikaze168:20190111121926j:plain

見た目はとってもシンプル。「THE味噌」といったビジュアル。

 

ではいただきます。

まずスープ。ベースは通常の鶏と思いますが、みそだれがかなり濃厚なのでパンチが弱いということもなく。

かといってコッテリという雰囲気でもなく、さすが大至さんと思いました。

次に麺。これは中細ストレート、味噌とのバランスの取れた太さですね。

 

トッピングはモヤシ、ニンジン、キクラゲ、ひき肉、コーン、ニラとこれもまたアルアル感なのですが、野菜はシャキシャキでいいバランスなんです。

ひき肉も味がついていて美味。

炒めではないのかな?という感じですが、なんか不思議。

 

かなりあっという間完食、スープも味噌だと飲みきれないこと多いですが、全部いっちゃいました。

f:id:tachikaze168:20190111121934j:plain

さすが大至のラーメン、味噌にも抜かりが無いですね。

夏のサッポロ一番トリビュートを逃したのが悔やまれます。

 

またつけ麺未開拓なので、次回はそちらかな。

 

ごちそうさまでした。

ラーメン二郎 八王子野猿街道2 1

思い立ったが吉日。西東京の荒々しさ。

 

1/10夜

同期のジロリアンと、年明けの二郎初めを悪だくみ。

野猿街道2に行こうということで、京王堀之内まで遠征!

 

f:id:tachikaze168:20190110235039j:plain

車で迎えに来てもらってすぐに到着!

 

f:id:tachikaze168:20190110235049j:plain

大きい看板は明かりがついていなかったので、撮らず。

1930に店前に到着。

案内の通り、食券を購入して10名まちに接続。

 

本日のメニュー

プチ二郎:730円

うずら:100円

炙崩豚(イルカ):現金100円

食券忘れてました。。ごめんなさい。後で買いました。

ネギ:150円

合計1,080円

f:id:tachikaze168:20190110235059j:plain

豚も荒々しいサイズなので、豚ましはせずにプチで様子見です。

 

店内も大きく、他の店舗よりゆったりしてますね。

 

中待ち席の時に助手さんが食券モギリに。

プチなので特にオーダーなしで。

 

そして1943に着席。

目の前でヤサイの盛りがすごいなーと思いながらスタンバイです。

 

先にイルカが到着。

f:id:tachikaze168:20190110235016j:plain

アブラもめっちゃ多い!炙られておいしそうです。

最初は暖かいのでつまみます。美味!これだけでお酒が飲みたくなる感じ!

 

そして1945コール⇒そのまま

イルカのアブラも多そうなので、そのままにしました。

 

着丼

f:id:tachikaze168:20190110235013j:plain

ヤサイ&ネギ半端ない!

 

豚を前面に出してみると。

ドン

f:id:tachikaze168:20190110235005j:plain

豚も半端ない!面積が他店の1.5~2倍ですね。

これは豚まし出来ないなと実感。

 

ではいただきます。

 

まずはスープ。うん、乳化で醤油若干強め。今までに体験したことのない味。これも美味。

次に麺。ちょい細め平打ちよりでちょっと硬めの茹で加減。とても食べやすい感じです。

ヤサイはプチでもガッツリ盛。

シャキでキャベツ率高いです。それとコーンが少し乗るので、どうかなーと思ってたのですが、ごめんなさい。

さりげない甘さがいい感じでした。

 

豚は面積もでかく、繊維部は歯ごたえも良く、脂もプリプリ。味付けも適度でおいしいですねー

イルカもあるので、途中でスープに追加しながらいただきます。

 

イルカは注意点が。最初は暖かくていいのですが、冷めてくるとアブラが固化してきて結構しんどく成ります。

早々にスープに沈めてアブラも溶かしてしまった方が正解かもしれません。

 

後半は疑似豚まし状態で、地味にきつく感じてしまいました。

 

ネギはゴマ油で和えてあって、ちょっとづつ一緒に食べるといい塩梅にすっきりさせてくれます。

ウズラも普通の水煮ですが、箸休めにちょうどいいなと。

 

後半はちょっときついかな?と思いましたが、何とかしっかり完食。

f:id:tachikaze168:20190110235000j:plain

1955に退店。

 

いやあ、なかなか来られないとこですが、西東京方面の二郎の凶暴さをプチで味わいました。

和風BBなど気になるものもあるので、また来たいですね。

 

ごちそうさまでした。

風雲児 新宿

いろんな人が食べに来てるまたおま系

1/9お昼 お仕事関係の試験を受けてた合間に食べる。

90分の試験を30分で終わらせて、休憩時間を2時間に延ばしました(笑)

 

ですので、せっかく近くの有名店を開拓。

 

新宿の「風雲児」へ。

 

f:id:tachikaze168:20190110235639j:plain

f:id:tachikaze168:20190110235643j:plain

13時過ぎですが、10人以上の並び。店内でも背後霊式に並ぶので、もっと並んでましたね。

しかも観光客にも有名なようで、外国の方々も多かったです。

 

店主さんが、ちょっと色が黒くてチャラそうな感じですが(たいめいけん3代目のようなイメージ)、とても丁寧な接客をされておりギャップ萌え。

外国の方々にはルー語の様に、英語日本語交じりの接客をされてます。

 

店内に入ったところで食券を購入して、店内待ちに。

 

本日のメニュー

得製つけめん:1000円

 

店内を見ていると、つけ麺は結構見越しで麺茹でをして、着席をするとすぐにサーブされるような流れるようなオペレーション。団体さんはしっかりと連席にさばいてくれます。(5人とかでも)

つけ汁には角切りチャーシューが入りますが、それも炊飯器を使って保温しておりつけ汁を冷まさないような配慮と思われます。

 

そうこうしてるうちに着席、麺量並OR大が選べるので、大盛をお願いしたらすぐに着丼。

f:id:tachikaze168:20190110235600j:plain

先に麺。シンプルな太麺。

次に汁。

f:id:tachikaze168:20190110235605j:plain

 

全景

f:id:tachikaze168:20190110235610j:plain

シンプルですが、THEつけ麺といったビジュアルです。

 

ではいただきます。

まず麺から。

しっかり冷水でしまっていてプリプリの麺。小麦の味もしっかりしてどんどん食べられそうです。

 

次に汁。

こちらは魚介+鶏白湯とのこと。かなり濃厚で粘度高いです。

見た目からは海苔×2、味玉、魚粉が確認で来ます。

さらに汁の中にはメンマと角切りチャーシューが結構たっぷり、それと薬味のネギも。

 

魚粉を溶かす前にまず味を。鶏+魚介で塩味が強め。魚粉を溶かすと、魚介の強さがブーストされる感じです。

豚骨よりは少しさっぱりしている感じですね。

 

麺と一緒にいただくと、高粘度なスープが麺をコーティングして、どんどん箸が進みます。

 

結構味が濃い感じなので、トッピングもその味に混じってしまう感じでした。

とはいえ、チャーシューは量もまずまずで存在感を放っていました。

味玉はしっかり半熟で。

 

後半、この粘度高いスープなので、一味を投入。

少し味変をして、麺を完食。

 

後半は少しスープも冷めたことも有り、卓上ポットで用意されたスープ割をして完食。

完飲でごちそうさまでした。

 

f:id:tachikaze168:20190110235614j:plain

 

ラーメン二郎 京都店 1

ことしの二郎初めは京都でした。

1/8 夜

京都の舞鶴にお仕事で行ってきたのですが、午後のお仕事がキャンセルに。。。

夜行バスの時間まで暇つぶしをするところもなし。。。

 

そうだ京都へ行こう!(ラーメン二郎

 

ということで、舞鶴から高速バスに飛び乗り、京都は一乗寺まで進出。

ラーメン激戦区なので、他店の誘惑に打ち勝ちながら、二郎をひたすら目指します。

 

そして開店前1713に到着。

f:id:tachikaze168:20190110234354j:plain

f:id:tachikaze168:20190110234901j:plain


ちょうど待合通路のシャッターもオープンされて2人目に接続。

f:id:tachikaze168:20190110234536j:plain

 

メニューをどうしようか考えながら開店を待ちます。

ちょい早目の1726オープン。

まず入店したら自動販売機、食券機とありますので、食券購入。

 

本日のメニュー

控えめ:730円(水色)

豚まし:150円(ピンク)

九条ネギ:100円(緑?)

タマネギキムチ:100円(白?)

合計:1,080円

せっかくの遠征なので、いろいろチャレンジ!

f:id:tachikaze168:20190110234556j:plain

 

卓上調味料はブラックペッパー、ホワイトペッパー、一味、カラメのラインナップ。

f:id:tachikaze168:20190110234543j:plain


他の人が「汁抜き」を注文していて、かえるさんの人形が置かれていました。

次回は汁抜きいきたいですね。

 

先に九条ネギとタマネギキムチが到着。

軽くつまみにいただきます。

 

f:id:tachikaze168:20190110234552j:plain

うん、タマネギキムチ旨い。甘くてどんどん食べちゃいそう。

九条ネギも辛くなく、すっきりしていてさすが京ヤサイ。

 

1737にコール ⇒ アブラ

着丼

 

すばらしいビジュアルです!

豚が見た目からも美味!

 

f:id:tachikaze168:20190110234416j:plain


ではいただきます。

まずスープ。たぶん非乳化。でもカエシが強すぎることもなく。甘目寄りのセッティング。関内や川越ほどは甘くないバランスです。

麺は細め平打ちよりでちょい固めの塩梅。好みです。

やさいはシャキ。盛りは少な目。

 

トピックは豚ですねー

巻豚で繊維部は歯ごたえしっかり、脂身はプリプリというばっちり好み。

味もいい感じ染みてます。

 

しかも端豚の塊も!ありがとうございます。

 

f:id:tachikaze168:20190110234407j:plain

アブラはちょっと味ついてるっぽく、ヤサイをいい感じにしてくれます。

 

途中から九条ネギを投入。さっぱりに変化しますね!

f:id:tachikaze168:20190110234412j:plain

タマネギキムチはちょっとづつ食べていく感じに。

スープの味を変えない方向で(笑)

 

そして後半は卓上調味料を。

ブラックペッパー、一味と投入。

一味はトウガラシを粗目に砕いたものっポイです。神保町のトウガラシをもう少し細かくした感じ?

香り高い感じでしたね。

 

そんなこんなで豚が美味美味と思いながら、あっという間に完食。

麺量も控えめで適量と思われ。

f:id:tachikaze168:20190110234403j:plain

 

1746に完食退店でした。ごちそうさまでした。

遠征、新潟、仙台、札幌行きたいですね。

立川田田(だだ)

2019年ラーメンはじめ

今年のラーメンはインスパイアから始まりました。

 

1/6お昼ご飯。

昭島方面でお仕事だったので、立川に立ち寄り開拓。

立川二郎に行きたかったけど、日曜日は定休のため残念。

 

立川駅から5分くらいでしょうか?

14時過ぎにお店に到着。

f:id:tachikaze168:20190106175737j:plain

並びなし。

店内は3分の2くらい埋まってる感じでした。

お店の外にはいろいろ説明書きがあって初心者に優しいです。

 

メニュ-

f:id:tachikaze168:20190106175730j:plain

f:id:tachikaze168:20190106175745j:plain

f:id:tachikaze168:20190106172215j:plain

f:id:tachikaze168:20190106172133j:plain

 

店内に入って食券を購入します。

f:id:tachikaze168:20190106172207j:plain

小でも大でもミニマムってどういうこっちゃ?でしたが、豚の枚数が1枚になるということ。なるほど。

 

本日のメニュー

小ぶた:900円

味付玉子:100円

うずら:100円

合計:1,100円

 

卵ダブルチックな感じで行きます。

食券提出後に大きなミス発見。

「汁なし」忘れました。。。。

時すでに遅しなのであきらめ。。。

 

卓上はブラックペッパー、酢、一味、からめボトル

f:id:tachikaze168:20190106172158j:plain

お水はセルフで準備。

しばし待ったところでコール ⇒ あぶらコール(味付け脂でした)

 

着丼

f:id:tachikaze168:20190106172129j:plain

最初はうずらが別盛

f:id:tachikaze168:20190106172123j:plain


一緒にどん

f:id:tachikaze168:20190106172119j:plain

ではいただきます。

 

スープは見た目非乳化だけど、味は乳化っぽい。

豚出汁より豚骨が強いようです。カエシも甘目の設定でお上品です。

 

麺はちょい細め。亀戸っぽい太さで硬さはちょうどいい感じ。

 

ヤサイはシャキで多すぎず少なすぎずの盛り付け。

アブラでいい感じに味付けしながら進みます。

 

豚は@豚で期待してたところ、残念感。

多分既製品なのかな。。。

柔らかいんですが、ちょっとパサ気味。

量はいいんだけどねぇ。

 

味玉はしっかり半熟。ウズラは完熟。それぞれコントラストを楽しみ。

 

麺量250gなので苦戦することなく完食。

ごちそうさまでした。

f:id:tachikaze168:20190106172116j:plain

 

結構不完全燃焼気味。

汁なしリベンジですね。

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

ラーメン二郎 亀戸店 7

2018年、二郎納め

12/27 お昼。年の瀬、仕事も終わりが見えてきたので亀戸豚が食べたくなり急遽。

 

1349に到着しました。

年の瀬ということで、この時間でも並びですね。

外待ち6人に接続でした。

ちょうど入れ替わりのタイミングですぐに中待ちに。

 

本日のメニュー

小ラーメン:730円

汁なし:100円

タマネギキムチ:100円

いつもの鉄板メニューです。

 

残念ながら今日も豚切れ。。。

前回に引き続き振られました(笑)

豚食べたかったらシャッターしないとダメなようです。

 

f:id:tachikaze168:20181229163630j:plain

いつもの食券です。

並び中に食券チェック、店主さんオペだったので今日は「麺少な目」でオーダー

 

1402に着席。

亀戸で初めてドア前に着席です(笑)

いつもは奥の曲がったカウンターにばかり不思議と入ってました。

 

店主殿と助手さんの息の合ったコンビネーションを眺めながら、1408にコール。

7回目なので冒険がしたくなり、今日は「アブラカラメ」コール!

 

着丼です。

f:id:tachikaze168:20181229163605j:plain

ドア前でめっちゃ西日が入って写真はうまく撮れませんでしたが。。。

 

@豚に、タマネギキムチ、フライドオニオン。さらにアブラとウキウキ高まります!

 

ではいただきます。

 

まずは麺。

うん!カラメいい!

汁なしでしっかりカエシをまとった亀戸麺!うまいです。

 

豚も味が適度な入り具合で、歯ごたえも硬すぎず適度な感じ。

脂身も甘くて美味!

ヤサイは今日はクタ寄りですが、そんなのかすみますね。

 

全部混ぜていくしかないとスイッチが入りました。

混ぜると、最高ですね!

 

卵でマイルドエリア、タマネギキムチのさっぱりエリア、フライドオニオンのサクサクエリア等々。止まらずどんどん進みます。

アブラも途中で甘みを強調してきてたまらないです。

 

後半は胡椒、魚粉、一味を順番に入れてさらにジャンク度UP!

 

1415完食退店。

汁なしなのにかなりの汁の量(笑)フライドオニオンをすくっていたら、最後まで完飲しそうになりましたがそこは我慢。

食べ終わって、写真も忘れて出てきちゃいました。

 

やっぱり亀戸はマイベスト二郎です。

今年もありがとうございました。

 

また来年もよろしくお願いします。

ラーメン二郎 目黒店 1

思ったより厳しくなかったメグジ

12/21 お昼。目黒でお仕事の前にメグジを開拓。

 

厳正なロット管理、麺量は少な目。並びは歩道に書いてある通り。などなど事前予習をしていってきました。

 

f:id:tachikaze168:20181229161054j:plain

 

お昼時を外したつもりですが、並びがまだまだ。さすが二郎!

 

1339到着、9人待ちに接続でした。

 

しばらく列が消化したところで食券購入。

 

本日のメニュー

小豚:600円

安い!このコスパならロットが厳しいのも当然ですね。

 

f:id:tachikaze168:20181229161110j:plain

食券は青に金線(大分薄れてます)

 

麺量も少なめということで、本日は事前指定は何もせず。

1353に着席。

入口そばから水をもっていきます。

 

店主殿と助手さんのコンビを眺めながら。

1358にコール ⇒ そのままで。

 

着丼です。

f:id:tachikaze168:20181229161101j:plain

丼から麺がはみ出気味ですが、麺量は実は少なめです。

ではいただきます。

 

れんげがないので、まずはダイレクトにスープを。

スープは非乳化で、醤二郎系ですがしょっぱすぎず、甘すぎずのバランス型。

液体油もまずまずの量、それと背脂が結構多め。

 

次に麺も。麺は太目平打ち系。ぷりぷりの柔らかさ。デロまではいかない絶妙なゆで具合。

ヤサイはクタで、量は少ないです。

ヤサイは増してもいいかもしれません。

 

豚はウデで、脂身多め。味は適度にしみている感じです。

最初はちょっと冷たかったですがスープに沈めるといい感じに。

豚も半分くらいは結構ホロホロ崩れていて、スープの背脂、麺一緒にほおばって美味。

 

ロット管制が厳しいとのことなので、急いで食べちゃいました。

周りを見渡すとそれほど急がなくてもよかったかなと(笑)

 

1405、完食退店。写真も撮らずにフィニッシュムーブをしてごちそうさまでした。

 

やっぱり二郎と名のつくところは違いますね。

ではまた。

ラーメン長山 鶯谷

鶏豚骨

12/19夜。

昼につづいて連食~

 

鶯谷駅近でラーメンDBでは点数が高いんだけど、個人的な好みとは離れちゃってるかなー

 

一回普通のラーメンも経験済なので、本日はつけ麺で。

 

本日のメニュー

味玉魚介つけ麺:900円

大盛まで無料なので、大盛申告(400g)

 

しばし待って着丼

f:id:tachikaze168:20181220101739j:plain

見た目から濃度が分かるスープです。

麺丼には巻かないバラチャーシューと、味玉。

スープ内は薬味ネギのみでした。

 

ではいただきます。

まず麺は、中太麺。最近のつけ麺より細目の印象。

しっかり絞めてあってのどごしはいい感じです。

 

チャーシューが冷たくてちょっと残念。

スープに沈めていただきます。

味玉は半熟で普通かなと。

 

次はスープ。

魚介はそこまで主張をせず、鶏豚骨の方が前面な感じ。濃度は見た目通りどろどろで麺と一緒に食べるとどんどん量が減っていきます(笑)

 

合わせて食べると、食べやすいですが、個人的にはもっと魚介前面でもいいかなと。

 

うーん、ちょっとなんか足りない感じのあるところでした。

f:id:tachikaze168:20181220101743j:plain

ごちそうさまでした。

横浜とんこつラーメン大黒家 勝どき店

マイルド家系

 

12/19お昼

晴海でお仕事だったのでこちらへ。月島にも気になるお店がありましたが、行列に並ぶ時間は無かったもので。

f:id:tachikaze168:20181220101659j:plain

 

都内での家系、若干勇気がいりますが。

 

外は行列にはなっていないものの、店内は満席。お昼時なので人はどんどん来るようです。

 

本日のメニュー

醤油ラーメン並盛:680円

のり:50円

味付玉子:100円

ミニネギ丼:300円

合計:1,120円

 

東京なのにコスパはいい!

 

ちょうど入れ替わりで待つことなく着席。

好みは全部普通でオーダー。

 

卓上は家系らしくいろいろそろってます。

f:id:tachikaze168:20181220101639j:plain

コショウ、豆板醤、ゴマ、一味、ニンニク、醤油、酢、ラー油。

珍しいところで、ジンジャーパウダー。

 

しばし待って着丼

f:id:tachikaze168:20181220101655j:plain

海苔、ほうれん草、チャーシュー+うずら

白色強めのスープ

壱六家をほうふつとさせるビジュアル。

 

ではいただきます。

まずスープ。

うん、マイルド。パンチは若干弱い感じですが、豚骨の臭みもなく、しっかり乳化した豚骨スープ。ここならリピートしてもいいなと思えるレベル。

 

麺は家系標準くらいでしょうか。中太、短めの麺。

ほうれん草は水切りもしっかりされてて、いい茹で加減。

のりは厚めのしっかりしたやつです。

チャーシューは家系によくあるバラチャーシュー系。

 

ウズラは通常の水煮、味玉はそれほど色が強くないですが、味付けはしっかりという感じ。

 

ミニネギ丼も忘れずに。

f:id:tachikaze168:20181220101647j:plain

ネギ丼ですが、少しだけ刻みチャーシューも入ってます。

ピリ辛に和えられていて、間違いない組み合わせ。

 

スープに浸した海苔も一緒に食べてもおいしいです。

 

後半は、味変タイム。

まずはゴマ、次に胡椒、豆板醤、最後に酢。

 ニンニクは次の予定があるので、自重しました。

 

あっという間にごちそうさまでした。

f:id:tachikaze168:20181229163635j:plain

 

他にもタンメンや、塩、味噌などバラエティーが多いので近くに行ったら行こうかな。

あ、でも年末に移転という張り紙がしてあった気がします。。。

麺屋武蔵 巌虎 秋葉原

ベーコンチャーシュー

 

12/17ランチ

友人と秋葉原のもうひとつの麺屋武蔵へ。

 

ここはベーコンチャーシューが有名な模様。

 

今日は濃厚で!

 

本日のメニュー

濃厚巌虎つけ麺:1,120円

 

いつもながらの、麺量増量無料、スープ一杯までならおかわり可能!

と言うことで、麺量は大でオーダー(400g)

 

暫し待って着丼

f:id:tachikaze168:20181220101603j:plain

麺丼がすごく豪華ですね。

 

ではいただきます。

f:id:tachikaze168:20181220101621j:plain

まず、麺はがっつり太麺。モヤシとかをよけて(笑)

のど越しが良いですね。

ベーコンチャーシューと、バラチャーシューも乗っていてどちらも美味。

スープにしばらく浸けてまた違う味わいも楽しめます。

 

f:id:tachikaze168:20181220101616j:plain

スープは濃厚でちょっとスパイシーな味付け。つけ麺らしく酸味もといった趣。

ネギ、海苔、カイワレ、角切りチャーシュー少し隠れています。

 

両方合わせていただくと、安定感のある味付けですね。

途中でモヤシも投入したりして、大盛でもスルスル食べられます。

 

卓上には

ライム酢、タバス粉

f:id:tachikaze168:20181220101608j:plain

タバス粉とは?何者?

f:id:tachikaze168:20181220101559j:plain

入れ物開けて分かりました。

酸味のつけてあるトウガラシでした。

固体のタバスコといった感じでしょうか。

 

後半、この2つを投入してさっぱりに味変。

ちょっとつけ汁が辛くなりすぎたのは反省。

 

あっという間に完食。

f:id:tachikaze168:20181220101625j:plain

スープが辛くなってしまったので、今日はスープ割は延期で。

 

七味つけ麺食べている人が結構多かったので、そちらもチャレンジしたいです。

ごちそうさまでした。